新足部健康法マッサージとは

新足部健康法のマッサージとは・・・

  • 各指を刺激
  • 足の甲面を刺激

「足の各指」を刺激します

指面(足の裏) 第1指(親指)は大脳・小脳・下垂体・視床下部・前頭葉・側頭葉(こめかみ)・頸部・三叉神経・血圧調整点など、さらに第1指内側には、胸腺の部位があり、ここをよく刺激すると、T細胞・B細胞の活性化を促し、白血球、リンパ球など免疫力を高めるので、インフルエンザにかからない身体になります。
第2指・第3指は額・眼、第4指・第5指は額・耳など。各指の甲側は扁桃腺・歯・上あご・下あご等の反射区があり、その部位を刺激することにより、炎症が改善されます。

「足の内側面」を刺激します

第1指の先からかかとに向けて、鼻・口・脊椎(頸椎・胸椎・腰椎)・仙骨・尾骨・内尾骨・膀胱・尿道・子宮・前立腺・骨盤腔リンパ・腹部リンパ・内股関節・内坐骨神経・直腸・肛門(痔)等の炎症が改善されます。

「足の甲面」を刺激します

甲面の各指には鼻・歯・上あご・下あご・扁桃腺等、足首に向かって声帯・咽頭・板状筋・気管・食道・上半身リンパ・胸管リンパ・内耳・腋下リンパ・胸部・乳部・横隔膜・肋骨・肩関節・腰痛点・腹部リンパ・体幹リンパ・鼠径リンパ等の炎症が改善されます。

「足の外側面」を刺激します

指先からかかとに向けて、肩関節・上肢(腕)・肘(ひじ)・膝・外尾骨・卵巣・睾丸・外股関節・骨盤腔リンパ・仙骨痛点・外坐骨神経・下腹筋弛緩区・仙骨・腸骨等の炎症、足の痺れなどが改善されます。

「足の裏」を刺激します

指下から甲状腺・副甲状腺・僧帽筋・肩関節・横隔膜・腹腔神経叢(みぞおち)・骨盤腔内組織・内尾骨・外尾骨など、左足には左側の(肺・腎臓・尿管・膀胱)・心臓・脾臓等、右足には右側の(肺・腎臓・尿管・膀胱)・肝臓・胆のう等、胃・十二指腸・小腸・大腸等は左右に部位がある等の炎症が改善されます。
ページトップ